スキップしてメイン コンテンツに移動

結局Blogger投稿エディタはWebの純正エディタから(2022時点)

昨日久しぶりにブログを投稿しまして、コマンドのハイライト箇所などを少し手間取りましたので、何かサクサク作成できるエディタがないかと模索してみましたが、タイトルの通り、結局BloggerのWebのエディタに戻って参りました。

こだわりたいところ

恐らくやりたいことを実現するには、はてなブログかGithubへ移行して記事を書く方がいいのではないかと思いますが、以下のような3点でなんとかBloggerで実現したいです。

  • 無料で使えている
  • ドメインや記事を移すのが面倒
  • ブログのサーバーはGoogle製
エディタに求めるところとしましては、ざっくり言うとTyporaのような直観的な操作感覚で記事を書きたいのですが、具体的には以下のような点におきまして...
  • エディタ上でそんなにマウス操作したくない
    ※マークダウンのように#とか入れるだけで見出しにしてほしい。
  • クリップボードのイメージをCtrl + Vで貼り付け
    • 旅の記事はGoogleフォトから写真を利用
  • ソースコードの追加のしやすさ
  • 作成ビュー/HTMLビューをショートカットで切り替え
要は記事の内容にだけ集中したいと言いますか、記事作成にHTMLやCSSの編集に時間を使いたくないわけです。

クリップボードのイメージ問題

スマホで撮った写真などはGoogle Photos経由で取得するため、BloggerのWebのエディタであれば直接アクセスでき大変良いのですが、技術系の日記の場合はWindowsの画面などをスクリーンショットで取得したりするため、クリップボードから直接記事に貼り付けたいです。

できれば...

  • エディタから<!--more-->タグを入れられる
  • ローカルで編集できれば、記事ファイルをGitと連携できる

調査したエディタ

Windows Live Writer(現Open Live Writer)



昔はこのブログもWindows Live Writerで書いてました。ただ、イマイチ意図している表示にならなず、Windows Live WriterからBloggerへ投稿した後に手直しが発生して使わなくなりました。今回調べてみたら、Open Live Writerと名前が変わっており、Microsoft Storeより入手できます。入手後、Bloggerと連携しようとしたらBloggerに拒否られてしまったので断念。
クリップボードのイメージがどうだったかは忘れましたが、PCのローカルに保存されているイメージをドラッグアンドドロップで貼り付けられましたので、直観的な操作は良かったです。

Typora


直観的にマークダウンをかけるので、よく使っています。マークダウンをブログの下書きにみたいな記事はみかけますが、Typoraからというのはとくになく、またプラグインとかもないので、単体ではどうにもできないですね。

Joplin


マークダウンエディタとしてなかなか良いと思います。Typoraは有料ですが、こちらは無料で利用ができます。また、クリップボードのイメージも貼り付けられます。下記記事にあるようにBloggerへの投稿は変換が必要です。
ブログの下書き執筆に Joplin が最高だった。Markdown で書けるノートアプリ | リモスキ
変換してもイメージは別途アップロードする必要性が付きまといます。ただ、このJoplinの場合は、Open sourceでプラグインの開発もできるようなので、プラグインでBloggerと連携できるような開発もできるかもしれません(ちょっとそういうことやってみようかなという誘惑がありましたが、そこに時間を割けないので...)
Getting started with plugin development | Joplin
ちなみに、Blogger側にもAPIがあります。
Introduction  |  Blogger  |  Google Developers

StackEdit


こちらもマークダウンが使えるエディタ。今までのエディタは、PCにインストールするタイプのアプリケーションでしたが、こちらはWebアプリケーションです。しかも、Blogger連携機能が備わっています。が、肝心なイメージアップロードはクリップボードやドラッグアンドドロップを受け付けません....
Google Photosとも連携できるようですが、私がやったタイミングではGoogle Photosにブロックされました。あともうちょっとなんですが....

Blogger


結局純正に戻って参りました。

クリップボードからの貼り付け機能

クリップボードのイメージをCtrl + vで貼り付けることができます。ただし、失敗することがあるようです。ただ、アップロード自体はうまくいってるようで、Bloggerのイメージ内にアップロードされているので、そこから取り出すことができます。
成功する場合はどういう条件下かわかりませんが、(もしかしたら、下書きしてWebを閉じて開きなおしたら?)Ctrl + vでそのままアップロードして記事に埋め込みも完了します。

また、上記で上げたエディタのビューモードでコピーして、Bloggerの作成ビューに直接コピーするとそのままの書式で貼り付けてくれます。逆に、書式をコピーしてほしくないときは、Ctrl + Shift + vを使います。このあたりやっぱりGoogle、細かいところまで作ってあるなと思う次第ですが、

Bloggerの足りない機能

以下のような機能を標準装備していただきたいです。
  • コードを簡単に追加できるように
  • 表の追加
長いコードや規模の大きなコードは、Githubへのリンクか、Gistを貼り付けすればいいですが、ちょっとしたコマンドの表記などはHTMLを触る必要があります。コード追加ボタンで、シンタックスハイライトもやって欲しい。このあたりはてなブログなどは標準で備わっていたはずです。あとは、Typoraとかにある表の追加。このHTMLを触るのは骨が折れます。これに関しては、上記にも書きましたが書式コピー機能を使って、Typoraとかで表を作ったのを書式ごと貼り付けるのが現実的かなと。

あとは、
  • クリップボードのイメージ貼り付けを失敗しないように
  • マークダウンで書けたり
機能を充実させて欲しいところではありますが、なぜだかあまりメジャーなブログサービスでもないようなので、積極的には改修されないですかね。

コメント

このブログの人気の投稿

GolangでWindows GUIアプリケーション

GUIアプリ作成の前提 社内ツールとしてexeで配布 開発環境はGoLandを使う 社内ツールとしてexeを配布ということであれば、Visual StudioでC#による開発だと思います。しかしながら、Go言語を習得したいのと、GoLandの補完機能が便利で、Android Studio使っていたこともあり、とっつきやすいという点からGo縛りでGUIアプリケーションを考えたいと思います。 lxn/walk Windows application library kit for Go. Windows向けしか考えていないので、まずこのライブラリなのですが、ボタンやコンボボックスが思ったように並ばなかったり、手軽にイメージボタンを配置したりなど、簡単にレイアウトを変更できない課題に直面しました。レイアウト作成だけで時間を取られてしまいます。そう言えば、Androidアプリ開発のときは、XMLでデザイン部分を切り離してたのを思い出して、今回の調査の運びとなりました。 fyne-io/fyne Cross platform native GUIs designed for Go based on Material Design. Supports: Linux, macOS, Windows, BSD, iOS and Android. walkと比べると、クロスプラットフォームで作成できるのですが、こちらもコードの中にデザインを書いていく形でした。 therecipe/qt therecipe/qt allows you to write Qt applications entirely in Go or JavaScript. Qt Creatorなるものがあるようで、デザイン部分を切り離せる印象はあるものの、最新のPCでもビルドに時間がかかるようで、学習コストもかかるという記事を見かけて断念しました。 どうしたものかとツイートしましたら、下記のようにご助言をいただいた。 同じ課題に対し色々試した結果、PWAのフルキャッシュドに落ち着いた。中身はGo+WASMで。 https://t.co/e60whDTV16 — のぼのぼ📡 (@nobonobo) July 21, 2020 PWA 早速調べてみました。Googleが進めているプロジェクトで、ネイティブアプリのよ

Javaでprivateなfieldやmethodにアクセスする

JUnitでテストしてると、privateなフィールドにアクセスして、値を参照したりセットしたりしたくなるわけですが、よく使うのでメモしておきます。 例えば、次のような対象のクラスがあるとします。 public class ParentClass { private String hoge = "ParentClass!!"; public void dispMsg() { System.out.println("dispMsg:" + hoge); } private void privateDispMsg(String msg) { System.out.println("dispMsg:" + msg); } }

Eclipseで一通り基本的なGitを使ってみる

備忘録的にまとめておきたいと思います。おかしな点があればご指摘いただければ幸いです。 目次 環境 プロジェクト作成~初コミットまで コミットの履歴&差分を見る 元に戻す ブランチについて ブランチを作成してみる ブランチを統合するには マージする Rebaseする ローカルリポジトリからプロジェクトを取り込む コミットしたメッセージの修正 環境 Eclipse IDE for Java Developers:Juno Service Release 1 Git:上記Eclipseのプリインストール版