スキップしてメイン コンテンツに移動

焼き鳥屋でセルフ慰労会

美味しくて素晴らしいお店は星の数ほどあるんだけろうけど、疲れているときは、行ったことのある間違いなしの焼き鳥屋でセルフ慰労会を行います。

まずは、お勧めの串5種を注文。



以前訪れた焼き鳥屋で5本くらい注文したときは、一度に焼き上がって提供されたので、後半の焼き鳥が冷めてしまいました。しかしこのお店!1~2本が焼き上がり次第提供され、なんと、お皿が温められた状態で提供されるので冷めません!実際、食べるペースが遅ければ、冷めたりしますが、そういった心遣いが嬉しい!

お勧めメニューは、別紙に筆で書かれており、つくねピーマンを注文。これが、めちゃくちゃ美味しい!


タレとの相性が絶妙!からしを付けていただきました。
他に、つくね椎茸を注文。


僕の中では、つくねはねぎまとかよりは下に見ていましたが、なんだコレ美味しいぞ!
最後は、冷や奴と鶏レバ刺しでクールダウン。



ごま油を付けて食べる鶏レバ刺し。初めて牛レバ刺しを食べた学生のころの記憶が蘇ってきて、めちゃくちゃ懐かしかったです。

他にも手羽先も美味しかった(写真は撮らず)。
安定の、食べログ平均予算以上に食べて、お腹いっぱいで退店。酔っ払った勢いでブログ更新しました。

コメント

このブログの人気の投稿

GolangでWindows GUIアプリケーション

GUIアプリ作成の前提 社内ツールとしてexeで配布 開発環境はGoLandを使う 社内ツールとしてexeを配布ということであれば、Visual StudioでC#による開発だと思います。しかしながら、Go言語を習得したいのと、GoLandの補完機能が便利で、Android Studio使っていたこともあり、とっつきやすいという点からGo縛りでGUIアプリケーションを考えたいと思います。 lxn/walk Windows application library kit for Go. Windows向けしか考えていないので、まずこのライブラリなのですが、ボタンやコンボボックスが思ったように並ばなかったり、手軽にイメージボタンを配置したりなど、簡単にレイアウトを変更できない課題に直面しました。レイアウト作成だけで時間を取られてしまいます。そう言えば、Androidアプリ開発のときは、XMLでデザイン部分を切り離してたのを思い出して、今回の調査の運びとなりました。 fyne-io/fyne Cross platform native GUIs designed for Go based on Material Design. Supports: Linux, macOS, Windows, BSD, iOS and Android. walkと比べると、クロスプラットフォームで作成できるのですが、こちらもコードの中にデザインを書いていく形でした。 therecipe/qt therecipe/qt allows you to write Qt applications entirely in Go or JavaScript. Qt Creatorなるものがあるようで、デザイン部分を切り離せる印象はあるものの、最新のPCでもビルドに時間がかかるようで、学習コストもかかるという記事を見かけて断念しました。 どうしたものかとツイートしましたら、下記のようにご助言をいただいた。 同じ課題に対し色々試した結果、PWAのフルキャッシュドに落ち着いた。中身はGo+WASMで。 https://t.co/e60whDTV16 — のぼのぼ📡 (@nobonobo) July 21, 2020 PWA 早速調べてみました。Googleが進めているプロジェクトで、ネイティブアプリのよ

Eclipseの高速化メモ

Eclipseが重いと一言に言っても、いろいろな工程での話があると思いますが、過去記事のなども含めてこの記事にピックアップしておきたいと思います。以下はWindows環境での話です。

Eclipseで一通り基本的なGitを使ってみる

備忘録的にまとめておきたいと思います。おかしな点があればご指摘いただければ幸いです。 目次 環境 プロジェクト作成~初コミットまで コミットの履歴&差分を見る 元に戻す ブランチについて ブランチを作成してみる ブランチを統合するには マージする Rebaseする ローカルリポジトリからプロジェクトを取り込む コミットしたメッセージの修正 環境 Eclipse IDE for Java Developers:Juno Service Release 1 Git:上記Eclipseのプリインストール版