スキップしてメイン コンテンツに移動

ラグビートップリーグ第2節 #花園

ラグビー観戦はトップチャレンジを3試合とトップリーグが2回目(3試合目)の観戦となります。前々から、何度も観戦していれば落胆して帰るような日もあるだろうなと思ってました。


で、この日が厄日でした。チケット忘れて出かけており、難波駅で気づいて引き返しました。一応、JRFUの招待券は携帯していたのですが、中央自由席のチケットを買ってたので。

前回は中央自由席はめっちゃ見やすい席として良かったのですが、今回は出遅れたこともあり、良さそうな席は埋まっていました。なので、広々できそうな目の前が通路の席にしました。


なんと、これが、意外とダメでした。
  • 手摺りが邪魔
  • 目の前を人が通る(当たり前)
これにダメ押しするかのように、隣の客の態度が悪い。詳しくは書きたくないです。

1試合目:NECグリーンロケッツ vs 日野レッドドルフィンズ
日野レッドドルフィンズのFBジャック・デブラシーニの、え!!そんな所から蹴るの??というペナルティキックが素晴らしかったです。ワールドカップとかでこの距離あったかもしれないですけど、目の前でこんな距離蹴るの初めて見ました。



ゴールライン近くでスクラム組んだときに、「トントントンヒノノ2トン」と日野のファンが応援していたのも良かったです。

2試合目:東芝ブレイブルーパスvsNTTドコモレッドハリケーンズ
東芝のリーチマイケルも見たかったんですどけ、応援するのは大阪がホームのNTTドコモです。前節も観戦しましたし。NTTドコモ側の席に座ってたんですけど、僕の周りの客はリーチマイケル(東芝)を応援してました。


うしろの席おばちゃんは、NTTドコモレッドハリケーンズのことを「あっち」「NTT」とか呼ぶので、せめて、ドコモって呼べよと。NTTならコミュニケーションズシャイニングアークスもあるじゃないか。僕はニワカなので、それが正しいのか分からないですけど。もちろん、隣の態度の悪い客も東芝を応援してて、花園で何このアウェー感?

NTTドコモレッドハリケーンズが先制点を決めたときは、イケると思ったんです。スクラムでは圧倒されてしまいましたが、その後のプレーは負けてなかったんです。前回途中出場して軽快な動きをしていたSHの秦 一平選手はスタメン出場、CTBパエア ミフィポセチ選手は東芝のディフェンスに切り込んで行ってました。はっきり言って他の選手はよく知らないんですけど、このイラっとする客が応援する東芝にNTTドコモレッドハリケーンズが負けてしまったことがめちゃくちゃ悔しいです。


リーチマイケルの写真は撮りましたけど...


トップリーグはNTTドコモレッドハリケーンズを応援していくことを決意した一戦でした。

とは言え、大勢の人が密集するような場所ではトラブルは起るだろうなと思ってました。人が集中しやすい中央自由席だとそのリスクが高いことを身をもって知りました。ゆっくりビール飲みながら観戦するなら、空いてる入り口側(南)の席がいいかも知れません。大型ビジョンも見れますし。


今回は柿の葉寿司を堪能しました。

結局、中央席でも選手が遠くへ行ってしまったら、小さくなってしまいますし。なので、観戦用の双眼鏡は買っておいた方がいいですね。もしくは、J-Sportsで観戦するがのいいのかな?

帰りは鶴橋で途中下車し、ふらっと入った居酒屋で大阪っぽいものを食べて暖まりました。





コメント

このブログの人気の投稿

GolangでWindows GUIアプリケーション

GUIアプリ作成の前提 社内ツールとしてexeで配布 開発環境はGoLandを使う 社内ツールとしてexeを配布ということであれば、Visual StudioでC#による開発だと思います。しかしながら、Go言語を習得したいのと、GoLandの補完機能が便利で、Android Studio使っていたこともあり、とっつきやすいという点からGo縛りでGUIアプリケーションを考えたいと思います。 lxn/walk Windows application library kit for Go. Windows向けしか考えていないので、まずこのライブラリなのですが、ボタンやコンボボックスが思ったように並ばなかったり、手軽にイメージボタンを配置したりなど、簡単にレイアウトを変更できない課題に直面しました。レイアウト作成だけで時間を取られてしまいます。そう言えば、Androidアプリ開発のときは、XMLでデザイン部分を切り離してたのを思い出して、今回の調査の運びとなりました。 fyne-io/fyne Cross platform native GUIs designed for Go based on Material Design. Supports: Linux, macOS, Windows, BSD, iOS and Android. walkと比べると、クロスプラットフォームで作成できるのですが、こちらもコードの中にデザインを書いていく形でした。 therecipe/qt therecipe/qt allows you to write Qt applications entirely in Go or JavaScript. Qt Creatorなるものがあるようで、デザイン部分を切り離せる印象はあるものの、最新のPCでもビルドに時間がかかるようで、学習コストもかかるという記事を見かけて断念しました。 どうしたものかとツイートしましたら、下記のようにご助言をいただいた。 同じ課題に対し色々試した結果、PWAのフルキャッシュドに落ち着いた。中身はGo+WASMで。 https://t.co/e60whDTV16 — のぼのぼ📡 (@nobonobo) July 21, 2020 PWA 早速調べてみました。Googleが進めているプロジェクトで、ネイティブアプリのよ

Javaでprivateなfieldやmethodにアクセスする

JUnitでテストしてると、privateなフィールドにアクセスして、値を参照したりセットしたりしたくなるわけですが、よく使うのでメモしておきます。 例えば、次のような対象のクラスがあるとします。 public class ParentClass { private String hoge = "ParentClass!!"; public void dispMsg() { System.out.println("dispMsg:" + hoge); } private void privateDispMsg(String msg) { System.out.println("dispMsg:" + msg); } }

Eclipseで一通り基本的なGitを使ってみる

備忘録的にまとめておきたいと思います。おかしな点があればご指摘いただければ幸いです。 目次 環境 プロジェクト作成~初コミットまで コミットの履歴&差分を見る 元に戻す ブランチについて ブランチを作成してみる ブランチを統合するには マージする Rebaseする ローカルリポジトリからプロジェクトを取り込む コミットしたメッセージの修正 環境 Eclipse IDE for Java Developers:Juno Service Release 1 Git:上記Eclipseのプリインストール版