スキップしてメイン コンテンツに移動

別端末で使ってたデータ通信用SIM→MNP&音声対応SIMでNexus 5Xへ

SIM到着後ネットに繋がらないことがあったのでメモ。

今まで

  • Androidの古いスマホ
    OCN モバイルONEのデータ通信専用SIM
  • 電話はdocomoの携帯
という2台持ちをしてました。電話ほとんどしないのでこれでいいかと思ってましたが、まあこれが全然スマートでなくて、利点があるとすれば電話のみの携帯は電池持ちがいいってところでしょうか。

今回

Nexus 5Xを買う機会ができたので、電話もこれにまとめて1台持ちにすることにしました。以下はその際に行ったことなどです(引き続きOCNモバイルONEの契約で)。

手順

順番は適当です。ネットから全て手続きできました。

端末購入

Amazonで白いNexus 5Xを購入。購入時¥32,800。

OCNで音声対応SIM申込み

こちら↓で申し込むと音声対応SIMが届きます。

OCNモバイルONE 音声対応SIM お申し込みサイト

OCNのSIMはAmazonでも売ってますけど、ここでやる方が同じOCNのアカウントを使えるので手間が少ない(?)気がします。Nexus 5X用はnanoSIMなのでお間違えなく。そして、今まで使ってたネット専用SIMの方は後で解約する必要があります。

あと、「本人確認書類の画像データ」が必要とのことで、スキャナで免許証をスキャンして、アップロードしました。SIMは「一週間程度でお届けします」と記載されていますが、数日で届きました。

docomoでMNPと解約

docomoの携帯 → OCNの音声対応SIM(Nexus 5X)で通話できるようにするため、docomoでナンバーポータビリティの手続きをする必要があります。それに伴いdocomoは解約という流れになります。

My docomo | NTTドコモ(ログイン済み)で
「各種お申し込み・お手続き」から行えます。が、



!?!?!?!?!?!?

契約更新月(期間は2ヶ月間)ではない月に解約しようとすると途中解約金なるものが発生します。
いつが契約更新月なのかは同サイトの「ご契約内容確認・変更」で確認できます。

契約更新月の確認手順について参考:ドコモ「2年縛り」明けの契約更新月を確認する方法──解約による違約金がかからない月を調べる | アプリオ

加えて、MNPの手数料があるようです。



WTF!

ちなみに、僕は契約更新月が2018年だったので諦めました....

手続きが完了すると予約番号というのが表示されるのでメモしておきます。予約番号は有効期限があるので、それまでにOCN側のMNP開通手続きも済ませます。

OCNから音声対応SIMが届く

同封されている書類に従い手続きを行います。

書類の内容
  • MNP開通手続きのご案内
    ※この手続きでMy docomoに表示されてた予約番号を入力
  • OCNモバイルONEの設定に関するご案内
ちなみに、この手続きは仕事が終わってから夜に行ったので、MNPの開通処理は翌日午前中に行われることになりました。

※手続きのサイトで予約番号等が間違っている場合にOCNから電話があるようで電話番号の入力欄があります。家電話の番号の方が良いだろうと思って入力しようとしたら市外局番が3桁までしか入力できない!仕方ないのでMNP渦中の携帯番号を入力しました。

で、さっそくSIMをNexus 5Xに挿入してみると、ネットに繋がらない...SIM自体は認識しているので、SIMが壊れているということはなさそうでした。端末には「通信サービスはありません NTT DOCOMO」と表示されているのみ。

検索してもよくわかりませんでしたが、ここで一つ間違ったやり方としては、電源を入れたままSIMを挿すということをやってしまったことです。
端末の電源を切り、SIM カードトレイの小さい穴を探します。端末に同梱の SIM 取り出しツールを穴に差し込みます(SIM カードを Nexus 端末に挿入する - Nexus ヘルプ
以前の端末だと電池パックを抜いてSIMを挿すような構造だったので、必然的に電源を落とすのですが、Nexus 5Xは上記ヘルプにあるように端末側面からSIMを挿せるので、ついつい...

この日は夜も更けてきたので諦めて、翌朝MNP開通後に
  1. 端末の電源OFF
  2. SIMを外す
  3. 端末の電源ON
  4. 起動後、端末の電源OFF
  5. SIMを挿入
  6. 端末の電源ON
という手順で、ネットが使えるようになりました。MNP開通を待つ必要があったのか明確なことはわかりません。その後家電話から携帯番号にかけるとNexus 5Xが着信して一安心した次第です。

データ通信専用SIM解約と返却

先ほどの「OCNモバイルONE 音声対応SIM お申し込みサイト」にリンクがありますが、旧端末で使ってたSIMの解約手続きを行います。

返却は「SIMカードの返却について | OCN モバイル ONE」中にある「返却先の印刷」というリンクのPDFを印刷してそれに従って封筒にSIMを入れました。郵便局が開いたら切手を貼って投函しようと思います。

これにてNexus 5X1台持ちへの作業は終了です。

費用

端末代:¥32,800
MNPでdocomoを離れるのにかかる費用:¥15,660
データ通信用SIM(今月まで):¥975(?)
音声対応SIM(今月から):¥1,728(?)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計:¥51,163(?)

OCNのSIM利用料は日割りなのかどうなのか、あと手数料とかもまだ分からないので、請求されたらまた記載を更新します。

追記:2017/01/20
docomo離脱にかかった費用:\13,975
結局SIMの月額費用は\975のままで日割りとかなかったです。

追記:2017/01/25
料金を請求されるのが1月下旬でした。通知もなくNTTコミュニケーション名義で請求されたので何事!?と思いました(通知は請求後に来ます)

SIM発行手数料というのが¥3,000円して、合計\4,971
翌月からはこれを差し引いた分が請求されるようです。

コメント

このブログの人気の投稿

GolangでWindows GUIアプリケーション

GUIアプリ作成の前提 社内ツールとしてexeで配布 開発環境はGoLandを使う 社内ツールとしてexeを配布ということであれば、Visual StudioでC#による開発だと思います。しかしながら、Go言語を習得したいのと、GoLandの補完機能が便利で、Android Studio使っていたこともあり、とっつきやすいという点からGo縛りでGUIアプリケーションを考えたいと思います。 lxn/walk Windows application library kit for Go. Windows向けしか考えていないので、まずこのライブラリなのですが、ボタンやコンボボックスが思ったように並ばなかったり、手軽にイメージボタンを配置したりなど、簡単にレイアウトを変更できない課題に直面しました。レイアウト作成だけで時間を取られてしまいます。そう言えば、Androidアプリ開発のときは、XMLでデザイン部分を切り離してたのを思い出して、今回の調査の運びとなりました。 fyne-io/fyne Cross platform native GUIs designed for Go based on Material Design. Supports: Linux, macOS, Windows, BSD, iOS and Android. walkと比べると、クロスプラットフォームで作成できるのですが、こちらもコードの中にデザインを書いていく形でした。 therecipe/qt therecipe/qt allows you to write Qt applications entirely in Go or JavaScript. Qt Creatorなるものがあるようで、デザイン部分を切り離せる印象はあるものの、最新のPCでもビルドに時間がかかるようで、学習コストもかかるという記事を見かけて断念しました。 どうしたものかとツイートしましたら、下記のようにご助言をいただいた。 同じ課題に対し色々試した結果、PWAのフルキャッシュドに落ち着いた。中身はGo+WASMで。 https://t.co/e60whDTV16 — のぼのぼ📡 (@nobonobo) July 21, 2020 PWA 早速調べてみました。Googleが進めているプロジェクトで、ネイティブアプリのよ

Javaでprivateなfieldやmethodにアクセスする

JUnitでテストしてると、privateなフィールドにアクセスして、値を参照したりセットしたりしたくなるわけですが、よく使うのでメモしておきます。 例えば、次のような対象のクラスがあるとします。 public class ParentClass { private String hoge = "ParentClass!!"; public void dispMsg() { System.out.println("dispMsg:" + hoge); } private void privateDispMsg(String msg) { System.out.println("dispMsg:" + msg); } }

Eclipseで一通り基本的なGitを使ってみる

備忘録的にまとめておきたいと思います。おかしな点があればご指摘いただければ幸いです。 目次 環境 プロジェクト作成~初コミットまで コミットの履歴&差分を見る 元に戻す ブランチについて ブランチを作成してみる ブランチを統合するには マージする Rebaseする ローカルリポジトリからプロジェクトを取り込む コミットしたメッセージの修正 環境 Eclipse IDE for Java Developers:Juno Service Release 1 Git:上記Eclipseのプリインストール版