スキップしてメイン コンテンツに移動

OperaのWeb検索を効率化

別にOperaに限った話ではなくて、Chromeとかでも普通にやれそうですし、特に真新しいことではないです...

Windowsのショートカットキー → Opera

こちらの記事をフムフムと拝見しておりましたら、
私がWindowsのスタートアップに迷わず入れた厳選フリーソフトBEST8
http://www.ashi-tano.jp/?p=7006
ちょうどWindowsのショートカットキーをいい感じにカスタマイズできないと思っていたところだったので、掲載されている「AutoHotkey L」を入れてみました。インストールして、スクリプトファイルを開くと、


英語が書かれたメモ帳が表示されて、どういうことだと若干後悔しておりましたが、こちらに日本語で解説されているのがあり、比較的簡単にカスタマイズできました。
AutoHotkeyを流行らせるページ
http://ahk.xrea.jp/index.html
何がしたいかと言いますと、
Win + f

のキーの組み合わせで、Operaのアドレスバーへカーソルが移ってくれないかと。(ちょっと押し辛いですが...)そして、そこでググる!


カーソルを直接移すわけではないですが、Operaのブランクページを開けば、勝手にアドレスバーへフォーカスが当たるので、先ほどのフリーソフトでOperaのタブを開くようにします。上記メモ帳に、

#f::Run "C:\Program Files (x86)\Opera\launcher.exe"

と入れてスクリプトを再読み込みさせると、どこからでもWindowsキー + f でOperaの新しいタブが表示されるようになります。アドレスバーから検索することのメリットはGoogleの検索キーワード候補が表示されるのが大きいです。



これで、Win + f → 検索キーワードをタイプするだけで検索ができます。で、Googleトップページでも同じようなことができると思いますが、Operaの検索エンジンカスタマイズでOperaアドレスバーのメリットを活かしていきたいと思います。

余談

以前は任意のURLを標準ブラウザ(Opera)で起動するフリーソフトでやってましたが、若干タイムラグがあります。このやり方の場合、素早く検索が行えるようになりました。

追記:2015年5月15日-------
AutoHotkey設定方法を忘れてしまうので設定ファイルをGistにアップ
https://gist.github.com/takaiwa/9876b40d94f24cc12c9e
Operaは起動(Run)させるより、手前へ表示させるようにしました。アドレスバーへはOperaのショートカットCtrl + lでフォーカスをセットできます。
-------

検索エンジンのカスタマイズ

Operaを標準ブラウザにしておきながら、今更ですが検索エンジンのカスタマイズとかやってませんでした。これは、便利ですね。
例えば、アドレスバーで「z 蛍光灯」と入れてエンターを押すと、Amazonで蛍光灯を検索してくれます。

あーそう言えば、蛍光灯の換えを買っておくかー

なんて思った時に、

  1. Win + F 
  2. アドレスバーに「z 蛍光灯」と入力
  3. エンターキー押す
の3手順でAmazonの検索結果を表示できます。※1


で、Amazonだけでなくて、好きなサイトを設定できます。好きなサイトと言っても、URLにキーワードが含まれるようなサイトに限りですが。例えば、Weblioという辞典で単語を検索したい場合。

Operaメニュー > 設定 > 検索

で、検索エンジンの管理ボタンを押します。


表示されたダイアログの下の方に「新しい検索エンジンを追加」というボタンがあるので押します。以下のように入力します。



  • 名前:「Weblio」(任意)
  • キーワード:「e」(デフォルト登録されてないもの。gとかzはダメ)
  • アドレス:「http://ejje.weblio.jp/content/%s

アドレスの%sの部分が検索したい単語の部分になります。これでアドレスバーで、「e 猫」でエンターを押すとこんな感じで結果が表示されます。もちろん、英単語でも同様にいけます。


以下僕が登録してみたものを掲載しておきます。

  • Weblioの例文検索
    • キーワード:ee
    • アドレス:http://ejje.weblio.jp/sentence/content/%s
  • Twitterのユーザページ表示
    • キーワード:t
    • アドレス:https://twitter.com/%s
  • Twitter検索
    • キーワード:ts
    • アドレス:https://twitter.com/search?q=%s
  • 自分(takaiwa29)のはてなブックマークを検索
    • キーワード:h
    • アドレス:http://b.hatena.ne.jp/takaiwa29/search?q=%s
  • Google翻訳(英語→日本語)
    • キーワード:tj
    • アドレス:http://translate.google.co.jp/?hl=ja&tab=wT#en/ja/%s
  • Google翻訳(日本語→英語)
    • キーワード:te
    • アドレス:http://translate.google.co.jp/?hl=ja&tab=wT#ja/en/%s
  • Androidドキュメント
    • キーワード:ad
    • アドレス:http://developer.android.com/reference/packages.html#q=%s
  • Youtube検索
    • キーワード:yo
    • アドレス:http://www.youtube.com/results?search_query=%s
おすすめは辞書とかAndroidドキュメントのような資料系の検索ですね。僕的にはあとJavadocも検索できるようにしておきたいところです。

※1
ちなみに、このデフォルトのAmazon検索にはアフィリエイトコードが入っています。これで買い物するとOpera Japanにお金が落ちるのでしょうか?最強伝説へ貢献ですね。


コメント

このブログの人気の投稿

GolangでWindows GUIアプリケーション

GUIアプリ作成の前提 社内ツールとしてexeで配布 開発環境はGoLandを使う 社内ツールとしてexeを配布ということであれば、Visual StudioでC#による開発だと思います。しかしながら、Go言語を習得したいのと、GoLandの補完機能が便利で、Android Studio使っていたこともあり、とっつきやすいという点からGo縛りでGUIアプリケーションを考えたいと思います。 lxn/walk Windows application library kit for Go. Windows向けしか考えていないので、まずこのライブラリなのですが、ボタンやコンボボックスが思ったように並ばなかったり、手軽にイメージボタンを配置したりなど、簡単にレイアウトを変更できない課題に直面しました。レイアウト作成だけで時間を取られてしまいます。そう言えば、Androidアプリ開発のときは、XMLでデザイン部分を切り離してたのを思い出して、今回の調査の運びとなりました。 fyne-io/fyne Cross platform native GUIs designed for Go based on Material Design. Supports: Linux, macOS, Windows, BSD, iOS and Android. walkと比べると、クロスプラットフォームで作成できるのですが、こちらもコードの中にデザインを書いていく形でした。 therecipe/qt therecipe/qt allows you to write Qt applications entirely in Go or JavaScript. Qt Creatorなるものがあるようで、デザイン部分を切り離せる印象はあるものの、最新のPCでもビルドに時間がかかるようで、学習コストもかかるという記事を見かけて断念しました。 どうしたものかとツイートしましたら、下記のようにご助言をいただいた。 同じ課題に対し色々試した結果、PWAのフルキャッシュドに落ち着いた。中身はGo+WASMで。 https://t.co/e60whDTV16 — のぼのぼ📡 (@nobonobo) July 21, 2020 PWA 早速調べてみました。Googleが進めているプロジェクトで、ネイティブアプリのよ

Eclipseで一通り基本的なGitを使ってみる

備忘録的にまとめておきたいと思います。おかしな点があればご指摘いただければ幸いです。 目次 環境 プロジェクト作成~初コミットまで コミットの履歴&差分を見る 元に戻す ブランチについて ブランチを作成してみる ブランチを統合するには マージする Rebaseする ローカルリポジトリからプロジェクトを取り込む コミットしたメッセージの修正 環境 Eclipse IDE for Java Developers:Juno Service Release 1 Git:上記Eclipseのプリインストール版

Javaでprivateなfieldやmethodにアクセスする

JUnitでテストしてると、privateなフィールドにアクセスして、値を参照したりセットしたりしたくなるわけですが、よく使うのでメモしておきます。 例えば、次のような対象のクラスがあるとします。 public class ParentClass { private String hoge = "ParentClass!!"; public void dispMsg() { System.out.println("dispMsg:" + hoge); } private void privateDispMsg(String msg) { System.out.println("dispMsg:" + msg); } }