スキップしてメイン コンテンツに移動

Operaがクラッシュの無限ループするのでバージョンダウンといつもの設定メモ

パソコンを付けたらメインブラウザのOperaが起動とクラッシュを繰り返すハードモードで朝をむかえたわけですが...
何か悪い亊しましたかね...

バージョン:12.13

とりあえず、こういう時は前回のセッションが残っていて、不適切なページがクラッシュ起こしてる場合があるのですが、起動ページはSpeedDialのみで手の打ちようがない。ググってみた結果。
・Opera質問スレッド Part32
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/software/1353370666/837
本スレで対策があるが
 プロファイルのwidgetsフォルダをどこかに待避させると起動できるようになる
 オートアップデートの設定を"アップデートを確認しない"にしておくと緩和される・・・かもしれない
 設定後widgetsフォルダは元に戻す
うーん、Widgetsフォルダが見当たらない。
 ・Opera質問スレッド Part32
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/software/1353370666/845
12.13で問題出てる人は、>>837で解決しないなら12.12に戻したらいいよ
 opera 12.12でググったら出るから
悠長に解析している時間ももったいないので、12.12のバージョンをダウンロードして強制的に解決。

・Opera Desktop Team - Opera 12.12 RC
http://my.opera.com/desktopteam/blog/2012/12/11/endofyear-release

Operaリンクが無ければ、泣いてたところですが、リンクの同期が完了すれば、ブックマークやブックマークバーやメモなどが復活するのでありがたやありがたや。
でも、Chromeのようにエクステンションや内部の設定も同期してくれると完璧なんですけど(´・ω・`)

というわけでまたこのような亊が起ってもいいように、あるいは新しいパソコンに入れる時に手間取わないよう設定をメモしておきたいと思います。(設定のやり方忘れて手間取ったので...)

追記:2013/02/07 --------------------------------
最近Operaが繰り返しアップデートを要求してくるので、このバージョンをスキップという選択肢はないのかよwと思いつつも、鬱陶しいのでアップデートに従うと、バージョン12.14がリリースされたようです。リリースノートに、2/5付けで

General and User Interface
Update addresses a re-occuring crash, allowing users to update two or more extensions at one time.

繰り返し発生するクラッシュがなんたらと書いてあるので、それらしい修正がされてるのかな?

------------------------------------------------

外観の設定

【テーマ】


僕は画面上でOperaを最大化して、その中でタブをウィンドウのように使うのでタブのタイトルが表示される部分(タイトルバー?)は黒い方が見やすくて良いので、Sombre(Aero)というテーマにしてみました。暫定的に。

タブの話は何言ってるかよくわからないと思いますが、こんな感じです。


こういう配置にするには、
タブバー上で右クリック、タブバーの位置を左に表示。タブのサムネイル上で右クリック > 配置 > 元のサイズに戻す でOpera内でタブが自由に動き回れるようになります。ちなみに、タブバーに海のような画像が映ってますが、これはWindowsの壁紙が透けて見えてるだけです。


最近まで以前からあったスキンが使えてお気に入りのを入れてましたがが、今はググっても見つかりませんし、テーマのページに飛ばされますね。

【パネル】
☑リンク
パネルの位置:右に表示

【ツールバー】 
☑ブックマークバー

設定

【一般設定】
起動時の動作:前回終了時の状態を復元

【ウェブ検索】
Googleの検索をco.jpに。
アドレス:http://www.google.co.jp/search?q=%s&sourceid=opera&num=%i&ie=utf-8&oe=utf-8
☑標準検索エンジンとして使用する
☑Speed Dialoの検索エンジンとして使用する

【詳細設定】
[タブ]
□現在のタブを際しようする
□新しいタブをアクティブなタブの隣に開く
□マウスオーバーしたタブのサムネイルを表示
☑タブにサムネイルを表示する

・追加のオプション
□新しいタブ:前回終了時のサイズで生じ
□タブなしウィンドウの表示を許可する
□タブをクリックすると最小化
☑タブに「閉じる」ボタンを表示
□タブの代わりにウィンドウを開く
☑ダブルクリックしてタブを閉じる
☑Windows7タスクバーのサムネイルを使用

あとはデフォルト設定ですかね。

拡張機能

タブからタイトルとリンクを取得する自分で作ったエクステンション
https://dl.dropbox.com/u/19515983/getlink.oex

・拡張機能「 Twitter Extension」 - Opera アドオン
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/twitter-extension/?display=en
見ているページをtwitterへ投稿する時などに

あとは何入れてたっけ....頻繁に使うのは上記2つで。以前はブラウザのスクリーンキャプチャも入れてましたが、Operaのバージョンアップだかで使えなくなったので、入れるのをやめました。開いたタブを時系列に並べてEvernoteへ保存するような独自エクステンションも作ってましたが、Evernoteにリンクの羅列を保存しても、特に見る機会がないし、あのとき見たサイトをもう一回見たい!みたいな亊があってもググった方が早いので使わなくなりました。まあエクスティンションだけじゃなくて、サーバアプリとセットですが。

Twitterが短縮リンクをする前は、短縮リンクのエクステンションとかも入れてましたが、もうそういう亊する必要もないわけで...
せっかくなので、ググった結果からさくっと見た感じ良さそうなのを入れときました↓

・拡張機能「 Unshorten」 - Opera アドオン
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/unshorten/?display=en
短縮URLを元のURLへ変換して表示

・拡張機能「 Persistent Text」 - Opera アドオン
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/persistent-text/?display=en
フォームの入力内容を保存してクラッシュによる再起動時に自動的に復元

Operaが拡張機能を同期させてない以上、そういう同期というか、履歴でもいいんですけど、拡張機能を簡単に再導入できるような拡張機能があれば、重宝されるんじゃないでしょうかね?APIリファレンスを見たんですが、特にそういうAPIはなかったし、開発者フォーラムで質問の英文を考えるのも時間かかりそうだったので自分で作ろうとするのは諦めました。まぁAdd-onsのページの追加ボタンのクリックイベントを取得して履歴として残すとか、何かやりようはあると思うんですけどね。

[参考]
【Opera最強伝説】Operaで本当にオススメできる拡張まとめ11選 - NAVER まとめ
公式エクステンションの紹介 - Opera Wiki

コメント

  1. 私も今日再起動直後にそのままクラッシュのループになりました
    12.13が問題だったのか・・・

    返信削除
    返信
    1. 同じような症状の方ちらほらいらっしゃるみたいですね。
      12.13が問題と断定できるほど診てないですけど、最近12.13へアップデートがあったのと、何も起動できなくなるようなことした覚えがないので怪しいなってところです。
      今のところ12.12にしてからは大丈夫です(^^ゞ

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

GolangでWindows GUIアプリケーション

GUIアプリ作成の前提 社内ツールとしてexeで配布 開発環境はGoLandを使う 社内ツールとしてexeを配布ということであれば、Visual StudioでC#による開発だと思います。しかしながら、Go言語を習得したいのと、GoLandの補完機能が便利で、Android Studio使っていたこともあり、とっつきやすいという点からGo縛りでGUIアプリケーションを考えたいと思います。 lxn/walk Windows application library kit for Go. Windows向けしか考えていないので、まずこのライブラリなのですが、ボタンやコンボボックスが思ったように並ばなかったり、手軽にイメージボタンを配置したりなど、簡単にレイアウトを変更できない課題に直面しました。レイアウト作成だけで時間を取られてしまいます。そう言えば、Androidアプリ開発のときは、XMLでデザイン部分を切り離してたのを思い出して、今回の調査の運びとなりました。 fyne-io/fyne Cross platform native GUIs designed for Go based on Material Design. Supports: Linux, macOS, Windows, BSD, iOS and Android. walkと比べると、クロスプラットフォームで作成できるのですが、こちらもコードの中にデザインを書いていく形でした。 therecipe/qt therecipe/qt allows you to write Qt applications entirely in Go or JavaScript. Qt Creatorなるものがあるようで、デザイン部分を切り離せる印象はあるものの、最新のPCでもビルドに時間がかかるようで、学習コストもかかるという記事を見かけて断念しました。 どうしたものかとツイートしましたら、下記のようにご助言をいただいた。 同じ課題に対し色々試した結果、PWAのフルキャッシュドに落ち着いた。中身はGo+WASMで。 https://t.co/e60whDTV16 — のぼのぼ📡 (@nobonobo) July 21, 2020 PWA 早速調べてみました。Googleが進めているプロジェクトで、ネイティブアプリのよ

Javaでprivateなfieldやmethodにアクセスする

JUnitでテストしてると、privateなフィールドにアクセスして、値を参照したりセットしたりしたくなるわけですが、よく使うのでメモしておきます。 例えば、次のような対象のクラスがあるとします。 public class ParentClass { private String hoge = "ParentClass!!"; public void dispMsg() { System.out.println("dispMsg:" + hoge); } private void privateDispMsg(String msg) { System.out.println("dispMsg:" + msg); } }

Eclipseで一通り基本的なGitを使ってみる

備忘録的にまとめておきたいと思います。おかしな点があればご指摘いただければ幸いです。 目次 環境 プロジェクト作成~初コミットまで コミットの履歴&差分を見る 元に戻す ブランチについて ブランチを作成してみる ブランチを統合するには マージする Rebaseする ローカルリポジトリからプロジェクトを取り込む コミットしたメッセージの修正 環境 Eclipse IDE for Java Developers:Juno Service Release 1 Git:上記Eclipseのプリインストール版