スキップしてメイン コンテンツに移動

猫柵を自作

( ゚∀゚)o彡°DIY!DIY!



以前は、ダンボールとかでバリケード作ってたんですけど、


高さがなくてもこんな風に本をのっけておくと滑るので超えられなかったんですが、さすがにその上までジャンプできるようになって、ホームセンターとダイソーで材料を買ってきました。





[ホームセンター]
[ダイソー]
  • ワイヤーネット 62×33cm を3枚 :315
  • ワイヤーネット連結用ジョイントを1つ:105円
  • 結束バンド100:105円
  • 結束バンド150:105円
合計:2,206円

ダイソーには結束バンドがたくさんあり、一袋でよかったのですが、どの長さが必要かわからなかったので両方買いました。ワイヤーネットも4枚買いましたが、1枚余分でした。ワイヤーネットはホームセンターに大きいのが500円~ありましたが、まだ子猫なのでダイソーので充分かなと。

まずは、強力つっぱりポール

なかなか太いやつなんですが、天井までの高さとか試行錯誤できる余地も含めて大きいのを買いました。


これを柱に固定。次に伸縮便利ポールをもう片方の棚下に固定。


固定した所の写真は取り忘れたので、後ほど。
次にワイヤーネットを連結します。


と、ワイヤーネット連結用ジョイント


こんな風にかぶせて

ネジ止めて連結します。


これをもう一枚もジョイントします。
ただ.....誤算だったのは、


割りとスカスカなんです(´Д`;)
このワイヤーネットを、結束バンドでつっぱりポールに固定


余分な部分は、


ハサミでカット。

反対側はマグネット開閉式にできるよう、マグネットスリムバ―


コピー用紙、7枚~10枚いけるとのこと。スリムなわりなかなか力強いです。



まずマグネットがズリ落ちないよう、結束バンドでストッパー


あとはマグネットの胴体も結束バンドで固定

余分な部分はカットして、


完成!


マグネットが伸縮便利ポールにパチッとくっつく....んだけどちょっとくっつきが弱い(´Д`;)


猫がちょっと強く押すと離れます(´Д`;)敗因は、結束バンドで巻いた事により、マグネットとポールの間に空間が出来たためくっつく力が弱まってる感じですね。この時、ポールの高さの関係でマグネットを2本しか使ってなかったので、開閉位置を左右逆にして取り付けるてみる事にしました。


写真的にはあまり変化がないですが、左をマグネット開閉式にしました。こっちの方がつっぱり棒も太いのでくっつき安いですし、マグネットも3本つかったのでよくくっつくようになりました。これでしばらくはしのげると思います。

課題としては、連結ジョイントがスカスカなのですが、


これはこれで、柵がしっかり固定されていないのが逆に猫が登り難いというメリットもあって、まあどうするか追々考えたいと思います。


追記:2012/12/17
磁石はもっと細かい取り付けが必要のようで、何度か開閉すると外れる事があります。なので、はずしました。磁石なくても柵が自立するので

追記:2013/02/04
ジョイントがスカスカなので、猫が頭で柵を押すと出口ができてしまいます。なので、棒と結束バンドで柵を固定しました。これでもう柵が折れ曲がることはないのですが、柵を引っ張って開けます。これは磁石が強力だとか関係ないです。なので、今は柵の開け口にラックの天板を置いたりペットボトルを入れたバケツを置いたりしてこじ開けないような付け焼き刃の対策をほどこしているところです。正直開閉が面倒で、もうこれ以上はちゃんと扉として機能するような柵が必要です。とは言え、ここを脱走されたところで、階段降りた先の玄関があるのでまあいいかと。その玄関を誰か人間が開けられたらアウトですが、まあそうそ開けることもないし、階段の下から物音がしなければ、柵を出ようとすることもないので、なんというか、物理的な面と猫の心理的な面をうまいこと利用して落としどころにしようとしてる感じです。(出かける時や長時間目を離す時は僕の部屋に入れてでられないように)

何か外観を壊さずできようなやり方があればいいんですけど。

飛び越えるかどうかにか関しては、Youtubeとかにアップされてるのを見ると、超えられそうな高さではありますが、その先が階段という亊を猫が認識しているので、現状は飛び越えようとはしないみたいです。

コメント

このブログの人気の投稿

GolangでWindows GUIアプリケーション

GUIアプリ作成の前提 社内ツールとしてexeで配布 開発環境はGoLandを使う 社内ツールとしてexeを配布ということであれば、Visual StudioでC#による開発だと思います。しかしながら、Go言語を習得したいのと、GoLandの補完機能が便利で、Android Studio使っていたこともあり、とっつきやすいという点からGo縛りでGUIアプリケーションを考えたいと思います。 lxn/walk Windows application library kit for Go. Windows向けしか考えていないので、まずこのライブラリなのですが、ボタンやコンボボックスが思ったように並ばなかったり、手軽にイメージボタンを配置したりなど、簡単にレイアウトを変更できない課題に直面しました。レイアウト作成だけで時間を取られてしまいます。そう言えば、Androidアプリ開発のときは、XMLでデザイン部分を切り離してたのを思い出して、今回の調査の運びとなりました。 fyne-io/fyne Cross platform native GUIs designed for Go based on Material Design. Supports: Linux, macOS, Windows, BSD, iOS and Android. walkと比べると、クロスプラットフォームで作成できるのですが、こちらもコードの中にデザインを書いていく形でした。 therecipe/qt therecipe/qt allows you to write Qt applications entirely in Go or JavaScript. Qt Creatorなるものがあるようで、デザイン部分を切り離せる印象はあるものの、最新のPCでもビルドに時間がかかるようで、学習コストもかかるという記事を見かけて断念しました。 どうしたものかとツイートしましたら、下記のようにご助言をいただいた。 同じ課題に対し色々試した結果、PWAのフルキャッシュドに落ち着いた。中身はGo+WASMで。 https://t.co/e60whDTV16 — のぼのぼ📡 (@nobonobo) July 21, 2020 PWA 早速調べてみました。Googleが進めているプロジェクトで、ネイティブアプリのよ

Eclipseで一通り基本的なGitを使ってみる

備忘録的にまとめておきたいと思います。おかしな点があればご指摘いただければ幸いです。 目次 環境 プロジェクト作成~初コミットまで コミットの履歴&差分を見る 元に戻す ブランチについて ブランチを作成してみる ブランチを統合するには マージする Rebaseする ローカルリポジトリからプロジェクトを取り込む コミットしたメッセージの修正 環境 Eclipse IDE for Java Developers:Juno Service Release 1 Git:上記Eclipseのプリインストール版

Javaでprivateなfieldやmethodにアクセスする

JUnitでテストしてると、privateなフィールドにアクセスして、値を参照したりセットしたりしたくなるわけですが、よく使うのでメモしておきます。 例えば、次のような対象のクラスがあるとします。 public class ParentClass { private String hoge = "ParentClass!!"; public void dispMsg() { System.out.println("dispMsg:" + hoge); } private void privateDispMsg(String msg) { System.out.println("dispMsg:" + msg); } }