スキップしてメイン コンテンツに移動

部屋にあるもので猫がおもちゃにしてるもの

天気予報では雪マークが出たりして、寒い今日この頃ですが、猫の脚力と好奇心はとどまる事を知らないようです。

猫がおもちゃと見なしたものをピックアップしておきます。


  • 紙類
    • 新聞
    • ティッシュ(すぐにちぎれて、口に入れようとするし、まき散らすので注意が必要)
    • コピー用紙(特に丸めたやつは大好き)
    • レシート(同上)
  • 衣類
    • 臭い靴下
    • 服・洗濯物
    • ざぶとんの紐
    • カーテン
    • マフラー
  • 耳かきのふわふわ
    [before]

     ↓
    [after]
  • 電気のコード
  • ストロー
  • 釣り糸
  • 精密機械
    • パソコン(起動時の音)
    • プリンタの動作音
  • 梱包素材
    • 買い物袋
    • 緩衝材
  • ピンポン球(Youtube動画)
まとめると、
  • 臭いのするもの
  • 軽くて高い音がするもの
  • かみ応えのあるもの
基本的には消耗品として諦めてますが、寒くなったら大人しくなってくれるのでしょうか....一時しのぎでしょうけど


追記:2012/12/18

ピンポン球は跳ねるので遊ばせると面白いですが、体力も使うようですぐに飽きました。紙と布系は根強くじゃれます。

コメント

このブログの人気の投稿

GolangでWindows GUIアプリケーション

GUIアプリ作成の前提 社内ツールとしてexeで配布 開発環境はGoLandを使う 社内ツールとしてexeを配布ということであれば、Visual StudioでC#による開発だと思います。しかしながら、Go言語を習得したいのと、GoLandの補完機能が便利で、Android Studio使っていたこともあり、とっつきやすいという点からGo縛りでGUIアプリケーションを考えたいと思います。 lxn/walk Windows application library kit for Go. Windows向けしか考えていないので、まずこのライブラリなのですが、ボタンやコンボボックスが思ったように並ばなかったり、手軽にイメージボタンを配置したりなど、簡単にレイアウトを変更できない課題に直面しました。レイアウト作成だけで時間を取られてしまいます。そう言えば、Androidアプリ開発のときは、XMLでデザイン部分を切り離してたのを思い出して、今回の調査の運びとなりました。 fyne-io/fyne Cross platform native GUIs designed for Go based on Material Design. Supports: Linux, macOS, Windows, BSD, iOS and Android. walkと比べると、クロスプラットフォームで作成できるのですが、こちらもコードの中にデザインを書いていく形でした。 therecipe/qt therecipe/qt allows you to write Qt applications entirely in Go or JavaScript. Qt Creatorなるものがあるようで、デザイン部分を切り離せる印象はあるものの、最新のPCでもビルドに時間がかかるようで、学習コストもかかるという記事を見かけて断念しました。 どうしたものかとツイートしましたら、下記のようにご助言をいただいた。 同じ課題に対し色々試した結果、PWAのフルキャッシュドに落ち着いた。中身はGo+WASMで。 https://t.co/e60whDTV16 — のぼのぼ📡 (@nobonobo) July 21, 2020 PWA 早速調べてみました。Googleが進めているプロジェクトで、ネイティブアプリのよ

Eclipseで一通り基本的なGitを使ってみる

備忘録的にまとめておきたいと思います。おかしな点があればご指摘いただければ幸いです。 目次 環境 プロジェクト作成~初コミットまで コミットの履歴&差分を見る 元に戻す ブランチについて ブランチを作成してみる ブランチを統合するには マージする Rebaseする ローカルリポジトリからプロジェクトを取り込む コミットしたメッセージの修正 環境 Eclipse IDE for Java Developers:Juno Service Release 1 Git:上記Eclipseのプリインストール版

Javaでprivateなfieldやmethodにアクセスする

JUnitでテストしてると、privateなフィールドにアクセスして、値を参照したりセットしたりしたくなるわけですが、よく使うのでメモしておきます。 例えば、次のような対象のクラスがあるとします。 public class ParentClass { private String hoge = "ParentClass!!"; public void dispMsg() { System.out.println("dispMsg:" + hoge); } private void privateDispMsg(String msg) { System.out.println("dispMsg:" + msg); } }