スキップしてメイン コンテンツに移動

VirtualBoxでAndroid4.0をデバッグ自分用メモ

Android4.0(ICS)をeclipseのエミュレータを起動すると、僕の非力マシンではクソ重くてデバックどころじゃないです。VirtualBox上でAndroidを起動させると快適とのことで、以下のサイトを参考に作業を進めつつ別途躓いた点などをメモしておきます。
・VirtualBoxでICS的 - hidecheckの日記
http://d.hatena.ne.jp/hidecheck/20120210/1328870752
・非常に重い標準エミュを捨て、Android4.0 for x86でICSを快適体験(11/22追記) - td2skの日記(仮)
http://d.hatena.ne.jp/td2sk/20111118/1321625830
一応、Githubからソースを取得してビルドをやったのですが、VirtualBox用になっておらず、猛暑の中再度ビルドする気にならないのですが、上記サイトに掲載されているリンクでビルド済みでしかもVirtualBox用にしてあるありがたいイメージファイルがあります。それをダウンロードすると、Android-v4.7zというzip系の圧縮ファイルで入手することができます。これを解凍してやらないといけないのですが、こちらより解凍ソフトを入手できます。
・7-Zip
http://sevenzip.sourceforge.jp/
64bit版のファイルを選択。インストールすると、右クリックメニューに7-Zipが追加されています。それにて解凍。VirtualBoxに関してはググればすぐに出てきて、インストールもすんなり行えました。
そのVirtualBoxはAndroid-v4.vboxをダブルクリックで起動しますが、何か操作しているうちに連続的に表示されるダイアログも大して読まずに(猛暑のせいで頭に入ってこない)クリックしてたら、キャプチャという状態になり、VirtualBoxから脱出できなくなりました…..
※キーボードやマウスの操作をWindows側に戻せなくなった
で脱出(キャプチャ解除)方法を探るべく、ノートパソコンを持ってきてググったのですが、解除方法がキーボード右のCtrlキーとかなにそれ….
image
ねーよそんなものwwってことで、右 Ctrlキーが無い場合もググってみましたが、「キーボード取り替えましたー♪」とか、「事前に変更しておきましたー♪」というのはあるのですが、右 Ctrl以外での解除方法みつからない….というわけで、とりあえず全部キーを押してみる作戦で、なんとかどれかのキーが反応して解除できました(´o`;)
おそらく、Windows側のアプリのショートカットキーが反応したんじゃないかと思います。僕ので言うと、クリップボード履歴のアプリが。というわけで、解除できたところで設定を変えておきましょう。
WS000873
VirtualBoxマネージャーの[ファイル] - [環境設定]の[入力]を選択
WS000874
ホストキーの欄に、とりあえず押さないであろうキーを適当に入れておきました。
で、参考にさせていただいているサイトで、IPアドレスを調べるapkファイルを公開されておりとてもありがたや~とVirtualbox上のAndroidでブラウザを開いてURLを入力してダウロード開始
WS000875
あれ、インストールが開始されない…
image
ソースも公開されているので、EclipseにAndroid4.0.3用としてプロジェクトを作成し、Activityにソースをコピーしてビルドしてapkファイルを生成。さー、ここからどうやってAndroidへダウンロードさせようか?どこのサーバへ置こうか?とちょっと悩みましたが、Dropboxユーザなら、AndroidのブラウザからDropboxへログインしてダウンロードするのが一番手っ取り早いと思われます。
WS000879
自分でビルドしたapkファイルで無事IPアドレスを取得できました。せっかくなので、何かの時のために載せておきます。
IPAdressCheck.apk
で、そのIPアドレスが割り当てられてるAndroidが使えるかどうか?は、コマンドプロンプトより、adb.exeの階層にて、
$adb connect 192.168.1.3


と打つと、connected to <IPアドレス>:<数字>と表示されれば成功のようです。


で、eclipseからは、設定画面で、Android - DDMSとたどった画面の


WS000878


ADBHOST value:に先ほどのIPアドレスを入力して、デバッグ対象のRun Configurationsで特にエミュレータを指定していなければ、Virtubox上にアプリが起動してデバッグが行えます。エミュレータで実行するよりはるかに快適です。

コメント

このブログの人気の投稿

GolangでWindows GUIアプリケーション

GUIアプリ作成の前提 社内ツールとしてexeで配布 開発環境はGoLandを使う 社内ツールとしてexeを配布ということであれば、Visual StudioでC#による開発だと思います。しかしながら、Go言語を習得したいのと、GoLandの補完機能が便利で、Android Studio使っていたこともあり、とっつきやすいという点からGo縛りでGUIアプリケーションを考えたいと思います。 lxn/walk Windows application library kit for Go. Windows向けしか考えていないので、まずこのライブラリなのですが、ボタンやコンボボックスが思ったように並ばなかったり、手軽にイメージボタンを配置したりなど、簡単にレイアウトを変更できない課題に直面しました。レイアウト作成だけで時間を取られてしまいます。そう言えば、Androidアプリ開発のときは、XMLでデザイン部分を切り離してたのを思い出して、今回の調査の運びとなりました。 fyne-io/fyne Cross platform native GUIs designed for Go based on Material Design. Supports: Linux, macOS, Windows, BSD, iOS and Android. walkと比べると、クロスプラットフォームで作成できるのですが、こちらもコードの中にデザインを書いていく形でした。 therecipe/qt therecipe/qt allows you to write Qt applications entirely in Go or JavaScript. Qt Creatorなるものがあるようで、デザイン部分を切り離せる印象はあるものの、最新のPCでもビルドに時間がかかるようで、学習コストもかかるという記事を見かけて断念しました。 どうしたものかとツイートしましたら、下記のようにご助言をいただいた。 同じ課題に対し色々試した結果、PWAのフルキャッシュドに落ち着いた。中身はGo+WASMで。 https://t.co/e60whDTV16 — のぼのぼ📡 (@nobonobo) July 21, 2020 PWA 早速調べてみました。Googleが進めているプロジェクトで、ネイティブアプリのよ

Javaでprivateなfieldやmethodにアクセスする

JUnitでテストしてると、privateなフィールドにアクセスして、値を参照したりセットしたりしたくなるわけですが、よく使うのでメモしておきます。 例えば、次のような対象のクラスがあるとします。 public class ParentClass { private String hoge = "ParentClass!!"; public void dispMsg() { System.out.println("dispMsg:" + hoge); } private void privateDispMsg(String msg) { System.out.println("dispMsg:" + msg); } }

Eclipseで一通り基本的なGitを使ってみる

備忘録的にまとめておきたいと思います。おかしな点があればご指摘いただければ幸いです。 目次 環境 プロジェクト作成~初コミットまで コミットの履歴&差分を見る 元に戻す ブランチについて ブランチを作成してみる ブランチを統合するには マージする Rebaseする ローカルリポジトリからプロジェクトを取り込む コミットしたメッセージの修正 環境 Eclipse IDE for Java Developers:Juno Service Release 1 Git:上記Eclipseのプリインストール版