Android、Java、Web系、Linux、マラソン等の備忘録

2016/04/05

Windows10のスタート画面にExcelファイルのショートカットをピン留め

1 件のコメント

Windows(以降Win)7からWin10へ移行し、Win7 時代にインストールしていたExcel2007を引き続き使っています。デスクトップにショートカットを置きたくないので、スタート画面にでもピン留めしておこうかと、Excelファイル上で右クリックしましたが、「スタート画面にピン留めする」が表示されずに困りました。

もしかすると、Win10移行後にインストールすると表示されるかもしれませんが、移行後にインストールしたものが特にないので確認できていません。

このような状況でExcelファイルのショートカットをスタート画面にピン留めするには、「コマンドプロンプトからExcelファイルを起動するようなコマンド」をショートカットにして作成すると、「スタート画面にピン留めする」が表示されるようになります。なお、2016/04/05現在の情報です。

デスクトップ等で右クリックでショートカット作成を選択


「項目の場所を入力してください」に、



以下のようなコマンドを入力します。ファイルを置いている場所に合わせて適宜変更してください。

"C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office12\EXCEL.EXE" "D:\hogehoge.xlsm"

最初のダブルクォーテーションで囲まれた部分はEXCEL.EXEがある場所で、その次のダブルクォーテーションで囲まれた部分がショートカットしておきたいExcelファイルです。

一度、コマンドプロンプトから起動できるか確認しておいた方がいいかもしれません。

で、「次へ」をクリックします。

「このショートカットの名前を入力してください」という欄が表示されるので、分かりやすい名前を付けて「完了」ボタンをクリックするとショートカットがデスクトップに作成されます。それを右クリックすると、「スタート画面にピン留めする」が表示されピン留めすることができます。

ピン留め後、デスクトップのショートカットは削除しても構いません。

もし、スタ-ト画面から起動しない場合は、

ピン留めしているアイコンを右クリック > その他 > ファイルの場所を開く 



で表示されるエクスプローラーにショートカットが保存されているので、削除してからやり直すか、プロパティを開いて「リンク先」を修正することができます。




ちなみに

複数個Excelファイルのショートカットをピン留めから起動させると、複数Excelのウィンドウが開きます。

また、スタートメニューの検索結果にはこのショートカットは表示されません(というかピン留めは検索対象外です)。俺はキーボードだけで起動させたいんだ!という方はこちらを応用するとできるかと思います。

1 件のコメント :