Android、Java、Web系、Linux、マラソン等の備忘録

2015/12/16

JUnitで型の異なるListをテストする時に便利なクラスを作ってみた

0 件のコメント


テストで2つのリストを比較する場合、共通した以下の検証があるかと思います。
  • サイズのチェック
  • 中身のチェック
  • ループ何回目でAssertionErrorが発生したか
型が異なる場合は、中身のチェックの共通化は一筋縄にいかないので、そこだけ呼び出し元で中身を検証するようなクラスを作りました。


使い方例はListVerifierTest.javaの方に記述してます。abstractメソッドで中身のチェックを行います。これで呼び出し元のコードがスッキリできるかと。

ListVerifierTest.javaの29行目を以下のように書き換えてテストを失敗させると

List<Integer> bar = Arrays.asList(3, 8);

以下のようなエラーが出力されます。

java.lang.AssertionError: AssertionError at index: 1
Expected: 8
Actual: Foo{result=7}

参考


0 件のコメント :

コメントを投稿