Android、Java、Web系、Linux、マラソン等の備忘録

2014/01/13

EclipseからGistへ投稿

0 件のコメント

ブログのコードをSyntaxHighlighterからGistへ

なんとなく、Gistのコードの方がブログに貼り付けた時に見た目がいいなと思ってた程度でしたが、Gistの方が楽な気がしてきました。SyntaxHighlighterでコードを貼り付ける場合、
  1. [最初だけ]ブログにSyntaxHighlighterのJavaScriptを埋め込む
  2. エディタ等でコードを生成
  3. Windows Live writerのCode Prettify Pluginを通す(タグ文字などをエスケープするため)
  4. preタグのクラス名をbrush: java;等に変更する
  5. ブログに貼り付ける

JavaScriptを埋め込まなくても埋め込みタグに変換してくれるサイトもありますし、上記3のエスケープに関しては、いろいろやり方はあると思います。これをGistにすると、
  1. [最初だけ]Eclipseにプラグインを入れて、アカウント登録する
  2. Eclipseでコードを生成
  3. ソースの一部またはファイルを選択して右クリック→アップロード
  4. Gistから埋め込みコードをコピーしてブログに貼り付ける


メリットデメリットはいろいろあると思いますが、まずハイライト表示される時間がGistの方が速いですね。SyntaxHighlighterはブログ内にコードがあるので、それの解析に時間がかかるのは当たり前ですが、その反面GistはGistのサーバが落ちたり、(あり得ないと思いますが)GitHubがサービス終了したら表示できなくなりますね。

あとは、SyntaxHighlighterの方は行を選択してハイライトなんかもできますが、Gistの方はブログにそんな表示できるんでしょうか?(調べてません)その代わりになるかどうかはアレですけど、Gistのサイトへ行けば世代毎のコードが見る事ができるので差分などは分かりやすいのではないでしょうか。

そんなわけで、
  • バージョン管理
  • タグ文字エスケープを気にしなくていい
  • Eclipseから直接アップロード&更新
ができるので、これからはGistを使ってみたいと思います。

環境

  • OS:Windows 7
  • Eclipse IDE for Java Developers:Kepler Service Release 1
  • プラグイン:GitHub Mylyn Connector 2.3
  • GitHubアカウント:takaiwa

GitHub Mylyn connector for Eclipseを入れる

PCのパワー不足から下手に最新のEclipseを使わないようしてましたが、プラグインが入りませんでした。
git - error : Mylyn GitHub connector not installing on eclipse juno - Stack Overflow
http://stackoverflow.com/questions/17813263/error-mylyn-github-connector-not-installing-on-eclipse-juno
Make sure your Eclipse is at least 3.7 or more recent.
なので、Eclipse Kepler をダウンロードして開発環境から整えることにしました....
Keplerを入れたら、Eclipse Marketplaceから”Github”で検索するとGitHub Mylyn Connectorが表示されるので、インストールします。

インストールが終わると、パッケージエクスプローラー等から右クリック > import > Tasks > GitHub Task Repositoriesを選択。
GitHubアカウントのユーザ名/パスワードを入力して終了します。

Eclipseからファイルを選択、またはソースコードの一部を選択して右クリックで、GitHubという項目があるので、その中のCreate Public Gist/Create Private Gistいずれかを選択すれば、Gistへアップロードされます。簡単ですね。

Gistへのアップロード結果(ファイル選択)


Gistへのアップロード結果(コード選択)

GitHubアカウントのGistをEclipseで見る&更新

Eclipseのメニュー 
Windows > Show View > Task Listを選択してTask Listビューを表示させます。

ビュー内で
右クリック > New > Query
で表示されるダイアログでGistを選択してNextボタンを押下。適当にタイトルとユーザ名を入力して、Finishボタンを押します。そうするとGistからロードされます。

Gist一覧

表示されている項目をダブルクリックすると以下のような画面が表示されます。


ここでは、先ほどのSystem.out.println("hello");が記述されたファイルであるHoge.javaが表示されています。そのHoge.javaをダブルクリックすると、Eclipse上にコードが表示されますが、修正はできません。Attachボタンでファイルを紐付けてやる必要があります。同じファイル名で紐付けてやれば、コードが更新されます。違うファイル名のものをAttachすると、そのファイルが新規追加されます↓
コードの一部をアップロードしたものは、そこだけ更新できるのでしょうか?まだ調べてません。

ブログへ貼り付け

Gistのページへ行って、Embed this gistにあるコードを貼り付けるだけです。
以前のバージョンのコードを貼り付けるには、「Revisions」から「View gist @~」ボタンで表示されるURLに.jsを付けてたものを埋め込みコードのURLとすればOKです。
以前のバージョンのコード
ちなみに、Eclipseの文字コードはUTF-8にしているのですが、ファイルからCreateやAttachしたときに日本語が文字化けました。コード全選択で行うといけるようです。

0 件のコメント :

コメントを投稿