Android、Java、Web系、Linux、マラソン等の備忘録

2013/06/15

七輪で炭火焼きなど 2回目

0 件のコメント
前回からの反省も踏まえ、また七輪で焼いてみた。この暑い時期、酒を飲む=七輪で焼きながらなのでしばらく毎週のようにやると思う。

今回の食材


  • 焼き物
    • アジ(塩焼き)
    • 鶏皮
    • スペアリブ
  • 野菜
    • 玉ねぎ(写ってないけど)
    • サラダ
    • 豆を茹でたの
  • 豆ご飯のおむすび

火をおこす

前回の失敗を踏まえ、先に新聞紙を投入


火が燃え広がりやすいようにフワっとした感じで。口から火を点けられるように、通気口からちょろっと出しておく。


で、着火剤を2本入れて、(1本でもいいのかもしれない)


また、木炭をナタの背で割って、


着火!&うちわで仰ぐ!


今回は一発で火が点いた!


焼き網のメンテナンス

本当は食べ終わった時にするのが望ましいんだろうけど、だいたい酔っ払ってるし、他の片付けで忘れてることが多い。


翌日に洗剤とたわしでゴシゴシ....なんてのは面倒極まりない。汚れがガンコだし。どっかのサイトで読んだけど、汚れは焼き払ってしまえばいい。むしろ洗剤を使って放置するとサビてしまう。

火を点けたばかりの炎舞い上がる七輪の上におく。


残りかすが燃え始め香ばしい良い匂いがしたりする。しばらくして、残りかすがカリッカリの炭になったら七輪から下ろして、ワイヤーブラシというので網をゴシゴシする。


なかなか綺麗になる。あとは、キッチンペーパーなりでさらっと拭けばおk。


火加減の調整

前回、この網を七輪に直接置いて、食材を焦がしてしまっていた。そこでホームセンターで、20.5cm × 6cm × 5cmの大きさのレンガ(80円/本)を2本買ってきた。


こんな感じで設置。


炎が直接当たらず良い感じに焼ける!


幅を調節してやれば、串焼きの串が燃える心配もなくなる。


これはいい!!

できあがり

アジの塩焼き

鶏皮(塩)

ミニ玉ねぎのアルミ包み焼き


骨付きスペアリブ(BBQ味?)


参考:鯵の塩焼き

0 件のコメント :

コメントを投稿