Android、Java、Web系、Linux、マラソン等の備忘録

2013/04/08

猫の手作りおもちゃ。最近の

0 件のコメント
最近作った猫を遊ばせるおもちゃで反応の良かったものを。

ティッシュ箱とアルミホイル

アルミホイルを丸めたものと空のティッシュ箱です。アルミホイルの丸めたやつは、それ単体でも遊びますが、それをティッシュ箱の中に入れてやると、中のアルミを取りだそうとして遊びます。箱の中でカラカラ鳴るのが良いのでしょう。写真のはちょっと大きめにアルミ球を作ってしまいましたが、割りと小さめの方が食いつきが良いようです。ティッシュ箱はいろいろ応用できて、紙を丸めたのや、ペットボトルのフタとを入れても遊びます。




紙の棒とリボン

チラシ等を棒状に丸めたものの先に、リボンをちょっと付けて、床やカーペットの上とか椅子の上でカサカサ動かすと追いかけます。チラシを丸めたものだけでも反応は良かったのですが、最近飽きてしまったようで、リボンを付けたら良い反応が得られました。毛糸とか使いたいところですが、毛糸は爪が引っかかりすぐ捕まえられるのと、引き裂かれた毛糸の誤飲の危険性が高いと思います。あと、ナイロン製の梱包用の紐も、同様の危険性があると思います。リボンも梱包用ですが... 切り裂けるやつは危ないかと(;^_^A
例によって、あえて猫の死角でカサカサやるのも良いかと思います。


ティッシュ箱を切って丸めるなどしたもの

これを釣り竿の糸に付けて動かすわけですが、今これが一番食いつきがいいです。なかなか写真を撮らせてくれませんでした。


作り方は、ティッシュ箱をハサミで切って丸めてホッチキスでとめればいいのですが、せっかくのビニール部分も活かそうと下図赤点線のようにハサミを入れて筒状に丸めました。


あとは適当に切り込みを入れたチラシとかをホッチキスでとめました。こうすることで、猫が追いかけて猫パンチした時にワサワサっとなるのが押さえつけたい衝動に駆られているんじゃないかと勝手に思ってます。

動かし方は、以前動画をアップしたんですけど、基本は地面を這わすように動かすのが良いと思います。あとは、空中を鳥が飛んでるように動かしても、紙が風を切るので興味がそそられるようです。

作りながら最近思うのは、このおもちゃの食いつきは尋常じゃない!と思って、3日も使い続ければ飽きますね。確実に。うちの猫向けの鉄板のおもちゃはコレというよりは、新しいものといった感じです。根本的に新しいおもちゃというよりは、同じ素材でも触感や猫パンチした後の動きの違いや音が違うだけで新しく思うようです。まあ作り続けるしかないということでしょうか...(´・ω・`)

少し前に猫雑誌の方からブログの写真を使わせてくれと依頼があって、4月12日発売(5月号)の「猫の遊び 大研究!」の特集に載るそうです。写真を提供してから音沙汰ないですが....(^_^;

猫生活 2013年 05月号 [雑誌]

追記:2013/04/23
雑誌買ってみたら載ってました(^^ゞ

追記:2013/06/02
このブログのサイドバー(PC版)の人気記事になってますが、一時期アメリカと中国から集中的なアクセスがありました。何でかは不明です....

0 件のコメント :

コメントを投稿