Android、Java、Web系、Linux、マラソン等の備忘録

2012/10/31

毎回VirtualBoxへadb connect 192.168...と打つのが面倒なので

0 件のコメント
ほとんど需要の無い話だと思いますが、以下2点をメモ。VirtualBoxでAndroidのデバッグを行う際にコマンドで毎回、
adb connect 192.168.1.3

のように打ち、VirtualBoxのAndroidと接続するわけですが、これを毎日のように打つのは、さすがに面倒通り越して飽きてくるので、バッチファイルで効率化したいと思います。その前に、

コマンドプロンプトのショートカット

今更メモするような事でもないかも知れません。PATHにadbのディレクトリを通してないので、どこでもadbコマンドが使えるわけではありません。そのため、コマンドプロンプト起動時にadbディレクトリから開始できるようにします。


コマンドプロンプトのショートカットを右クリック > プロパティ で作業フォルダに、

D:\android-sdk\platform-tools

のように記述してやります。これで適用ボタンを押せばおk

バッチファイル

adb connect 192.168.1までは毎回同じなので、テキストエディタで
if "%1" == "" goto error
adb connect 192.168.1.%1

と記述しました。これをac.batというファイル名で保存し、先ほどのコマンドプロンプトで、IPアドレスが192.168.1.3なら、
ac 3
スペース含め4文字でいけますね。disconnect側もadc.batファイルを作成して接続を解除するようにしました。

理想系は

理想は、VirtualBoxのAndroid起動と同事にコマンド打つことなく接続して欲しいですが...
まぁ考えられるところでは、バッチファイルを叩いてもIPアドレス末尾の数字1文字を入力待ちにしておいて、先ほどのコマンドプロンプトショートカットの作業フォルダにコマンドも書き込んでしまえば、
  1. ショートカットをダブルクリック
  2. 数字を入力してエンター
のステップでいけそうですね。そこまでしなくてもいいかと思って調べるのやめておきました(^^ゞ

0 件のコメント :

コメントを投稿