Android、Java、Web系、Linux、マラソン等の備忘録

2012/03/22

覚えておきたいEclipse IDE エディタ周りの設定

1 件のコメント
デフォルトで入ってたら嬉しいエディタ周りの設定をメモ的にまとめておきます。

環境

  • OS : Windows7
  • Eclipse IDE for Java Developers Indigo Service Release 2
    ※追記分からEclipse IDE for Java Developers Helios Service Release 2を使ってます...
Java Developersをベースに紹介しますが、AptanaでもSpring Source Tool suiteでもその他Eclipse系IDEでは基本は同じだと思います。

色の設定

以前はどこかサイトでテーマをダウンロードして、eclipseのディレクトリ毎上書きコピーみたいな設定をやってましたが、最近はEclipse Marketplaceなるものがあり、Eclipse上でそこからテーマ集をダウンロードする事ができます。便利になりましたね。

[Help] – [Eclipse Marketplace...] と選択。たぶん、Popularタブ辺りに入ってるんじゃないかのEclipse Color Themeを探して、インストール。

WS000502 WS000503

インストールが終わると、Eclipseの再起動を要求してくるのでそれに従います。Eclipseが再び起動すると、[window] – [Preferences] – [General] – [Appearance]に[Color Theme]というのが新たに追加されているので、好きなのを選択しましょう。

WS000508

個人的には、Sunburstが好きで使ってます。

細かい色の設定をする場合

例のごとく、[window] - [Preferences]で設定画面を開きます。

エディタ全体の設定(例えば、行番号やカレント行や選択行の色など)は、[General] - [Editors] - [Text Editors]で変更可能です。

WS000519
行番号やカレント行や選択行の色を赤っぽく厨二っぽく変更してます。

言語ごとの細かなハイライト設定を行うには、
任意の言語(例えばJavaなら)の[Java] - [Editor] - [Syntax Coloring]で変更可能です。

フォントの設定

フォントの変更は、[window] – [Preferences] – [General] – [Appearance] – [Color and Fonts]の[Basic] - [Text Font]で変更可能です。以下のフォントの設定はEclipseというよりはOS側の話ですが、大事な要素なので掲載しておきます。

WS000507

さっきダウロードしたEclipse Indigo R2はデフォルトでConsolasになってました。

WS000509

Consolasは英文用フォントなのでWindows側を特にいぢってなければ、コメント等の日本語にはEclipseが勝手にMSゴシックあたりを割り当ててくれてるんじゃないかと思います(上図参照)。Windows7搭載のフォントメイリオを設定すると、

WS000510

悪くはないのですが、英文はちょっともさっとした感じですね。見やすいと言えば、見やすいですが。ググってみると英:Consolas + 和:メイリオでフォントを混合させてる方が多いようですね。で、この場合はレジストリをいじれば可能のようです。
・欧文フォントを日本語に対応させる [Tipsというかメモ]
http://tm.root-n.com/misc:consolas

ただレジストリをいじるだけだと、メイリオフォントが映えない気がします。メイリオを映えさせるには、「MeiryoKe_Console」フォントがオススメです。
・PC-ZERO -メイリオの等幅フォント版「MeiryoKe_Console」を利用する-
http://pc-zero.jp/technic/meiryoke_console.html

WS000511

あまり違いがないかなwこうやって並べてみると、Console+レジストリいじる方が英文がキュっとなってて良いように思えてきました(;^_^A

2012/10/10追記:現在はAdobeのSource Code Proを使っています。こちらの方が心なしか動作が軽いです↓

・[速報] ソースコードを表示するためのフォント「Source Code Pro」をアドビがオープンソースで無料公開 - Publickey
http://www.publickey1.jp/blog/12/_source_code_pro.html


行番号を表示させる

[window] - [Preferences] - [General] - [Editors] - [Text Editors]の[Show line numbers]にチェックを付ければOK。

WS000512

タブ、全角スペースを見える化

・JStyle - Eclipse 改行、タブ、全角空白を表示 | MergeDoc Project
http://mergedoc.sourceforge.jp/index.html#/jstyle.html

[ダウンロード]
http://sourceforge.jp/projects/mergedoc/releases/?package_id=12531

こちらのプラグインで表示可能です。ダウンロードしたzipを解凍するとpluginsディレクトリが展開されるので、これをeclipseディレクトリ内へ突っ込んでEclipseを起動すればOKです。[window] - [Preferences]とたどれば、[General]の中に[JStyle]というのが表示されてれば利用可能です。

WS000514

フォントにもよりますが、全角スペースは□で表示されます。Javaソース上で全角スペースはエラーで知る事ができますが、それ以外のPHPやXMLといったファイルを編集するときは見えて欲しいです。

2012/12/19追記:全角スペースが出てたらエラーでますし、以下でタブはスペースに変換するので、今は入れてません。

行末の空白の削除&タブ⇒スペース化

コーディング規約であったり、気持ち悪さであったりを解消するために入れておきたいプラグインです。

[Help] - [Install new software..] で表示されるInstall画面の[Add]をクリック。適当な名前を入れ、URL:http://andrei.gmxhome.de/eclipse/ を入力してOKボタンを押下します。

WS000515

しばらくすると、候補が表示されますが、今回必要なのは[AnyEditTools]これだけ。

WS000516

Nextボタン押下等によりインストールを行います。インストールが完了すると、[window] - [Preferences]の[General] - [Editors] - [AnyEdit Tools]というのが表示されます。

デフォルトで、行末の空白は削除してくれる設定になってますが、Convert tabs < – > spacesが未チェックなので、チェックを付けてタブを空白に変換するようします。

WS000517

あと、このままだと、Ctrl + S等で保存した際に行末の空白とりとタブを空白変換してくれますが、その空白がタブ1つに対して2つ分の空白で保存した瞬間にちょっとびっくりするので、空白4つ分に変更しておきます。同画面の[Convert..]タブの、Tab width/nmber of spaces for tabの値を4にしておきます。

WS000518

[PDTの場合]Shift + Tabでインデントのスペースを削除


上記の「タブ⇒スペース化」した事でPDTの場合は、Shift + Tabでネストを手前に持ってくる事ができなくなっているはずです。[window] - [Preferences]の[PHP] - [Code Style] - [Formatter]でTab policyをTabs→Spacesに変更してやる事で解決します。その際、Indentation sizeは上記で設定した4が良いかと。
※Javaの場合はタブサイズ分の空白が入っていればネストを手前へ持ってくる事がデフォルトで可能です。

2012/12/19追記:Javaしか使わない場合は入れてません。

文字コードを設定する


[window] - [Preferences]の[General] - [Workspace]で変更可能です。

ただし、既存のプロジェクトで既にソース等が存在する場合は文字化けを起こす危険性があるので注意しましょう。最悪、文字列の部分でエスケープ文字と混ざってエラーが発生します。チーム等で開発する場合は最初の段階で統一しておく必要がありますね。デフォルトではShift JISあたりだったと思います。僕はUTF-8で統一しています。プロジェクト単位でも[プロジェクト右クリック] - [プロパティ」で変更可能のようです。

最後に

あと、コダワリとしては、Web系じゃなくてもAptanaプラグインを入れてます。Eclipse上でFTP機能、右クリックでエクスプローラ表示できる機能がありがたいです。端末エミュレータも入っているようですが、使った事ないです。Web系であればPDTですかね。細かい所ではコンソールのエラーを赤く表示してくれるようなプラグインも入れてた事もあります。他にオススメありましたら、コメント欄にでも書き込んでくださいm(_ _)m

追記:2012/12/19 パッケージエクスプローラ右クリックでExplorerを開く



Help > Eclipse Marketplace...で表示されるダイアログで”Explorer”で検索します。


「Eclipse Explorer」をインストール。パッケージエクスプローラー上で右クリックすると、「Open in Explorer」が追加されてます。


地味に便利です。

追記:2012/12/19 Eclipseの高速化

・試行錯誤ログ: Eclipseの高速化メモ
http://www.takaiwa.net/2012/12/eclipse.html
「ヒープサイズアップ」と「自動ビルドしない」はやっておいた方が良いです。

追記:2013/06/30 Eclipseをフルスクリーンに

なんでももっと早く入れておかなかったのだろう.....
下記からプラグインをダウンロードできます。
・eclipse-fullscreen - support eclipse working in full screen mode - Google Project Hosting
http://code.google.com/p/eclipse-fullscreen/
メニューのWindow > Full Screenから行えるようになります。

Windowsでしか確認してませんが、

  • Windowsのタスクバー
  • Eclipseの
    • メニュー
    • ツールバー
    • ステータスバー
が隠れるようです。ショートカットは、「Ctrl + Alt + Z」で全画面に、「Esc」で解除できます。ブラウザなど同様にF11にしておきたいところですが、デバッグ実行のショートカットが割り当てられてるので、悩ましいところです。

追記:2013/07/01 エディタをCtrl + Tabで切り替える

ショートカットの設定で、Next Editorという項(デフォルトCtrl + F6)にCtrl + Tabを、Previous EditorにCtrl + Shift + Tabを割り当ててやると、ブラウザなんかと同じような挙動になると思います。
Ctrl + Tabを押下すると、下記ダイアログが表示されEditorを選択できます。


参考:Eclipse の Editor 切り替えを ctrl Tab ショートカットに割り当てる - hiru日記

追記:2013/07/19 エディタのショートカットなど


  • F3:その要素を宣言している箇所にジャンプ。マウスでCtrl + クリックでやってたもの
  • Alt + Left, Alt + Right:ブラウザなどと同様のヒストリーバック
  • Alt + P(オリジナル):エディタからパッケージエクスプローラへフォーカス移動させる
    • KeysのShow View(View: Package Explorer)に割り当てた
    • エディタに戻る時は、KeysのQuick Switch EditorにAlt + Eを割り当てた
      ※とは言え、パッケージエクスプローラにフォーカス移してる時点で、何かファイルを開こうとしてるのであまり使わないかと。
  • Alt + T(オリジナル):Tasks表示
    • KeysのShow View(View: Tasks)に割り当てた
  • Alt + Shift + Q:ビュー一覧の表示。
今までオリジナルなキー割り当てはそんなにやってなかったのですが、最近はWindowsのブラウザと同じような割り当てにカスタマイズする傾向にあります。(F11でフルスクリーンとか)
別のEclipseにもキー割り当てする場合は、1つ1つやるより設定からエクスポートして取り込むことも可能です。(取り込むやり方忘れた)
ちょっとググったらEmacsのようなキーバインドできるようなプラグインもあるようですね。慣れるまで時間かかりそうなので、前述のようにWindowsブラウザライクなキーバインドで。

追記:2013/08/22 ショートカットのインポート/エクスポート

>別のEclipseにもキー割り当てする場合は、1つ1つやるより設定からエクスポートして取り込むことも可能です。(取り込むやり方忘れた)

前回の追記でこのように書いており、ググればすぐに出てくるだろうと思ってましたが、ググりかたによっては素直に出てくれなかったり、ショートカットキーを割り当てる画面にCSVフィルExportとかもあって誤解しそうなので、忘れないようメモしておきます。ちなみに、そのCSVファイルエクスポートは何に使うのか不明です。

とは言え、別に大したことではなくて、メニューのFile > Export > Preferencesと辿ると、設定のエクスポートする項目を選択できる画面が表示されます。そこで、Keys Preferencesを選択し、出力先を指定してFinishボタンを押下します。


そうすると、.epfという形式のファイルが作成されるので、それを取り込みたいEclipseで、File > Import > Preferencesと選択すれば取り込むことができます。

追記:2014/01/13 Eclipse 4以上の外観テーマ

プラグインが入らないので、EclipseのバージョンをHeliosからKeplerにしました。それに伴いEclipse自体の外観を変更できるようで、intellij IDEAっぽいのがあったので入れてみました。以下からダウンロードできます。
Dark Juno by rogerdudler
http://rogerdudler.github.io/eclipse-ui-themes/
掲載さているのより若干微妙な気がしますが、フルスクリーン表示にするといいかもしれません(;^_^A

微妙に黒くなってない部分があるので、こっちのテーマの方がいいかも
guari/eclipse-ui-theme
https://github.com/guari/eclipse-ui-theme

うーん、いずれもWindows7上では黒くしきれてない感じがあったり、パッケージエクスプローラーのファイルを選択すると、Foreground、Background共に白っぽくなったり微妙です。

PR

1 件のコメント :