Android、Java、Web系、Linux、マラソン等の備忘録

2011/07/09

自宅サーバのWebページをお名前.comでドメインを取得

0 件のコメント

次回、ドメインを新たに取得した時用にメモがてら・・

旧ドメイン:http://takaiwa.orz.hm/
新ドメイン:http://takaiwa.net/

Operaブラウザでこのサイトをググって、旧ドメインを踏もうすると、むむ怪しいサイト・・?と警告が出てしまうので、←何かの勘違いだった・・
お名前.comで980円/年のnetドメインを取得しました。

ちなみに、旧ドメインの方は、

・ドメイン名取得(ieServer.Net編) - CentOSで自宅サーバー構築
http://centossrv.com/domain-ieserver.shtml

を参考に、無料で運営しておりました。

お名前.comでドメインが取得できたら、ログインして、レンタルDNSレコードの設定をいじります。

Screenshot_3 

サイト中程にある、入力欄に

  • ホスト名:(未入力)
  • TYPE: A
  • VALUE : (グローバルIPアドレス)

を入力して、追加ボタンを押下します。ちなみに、グローバルIPアドレスは、

・確認くん(VIA the UGTOP)
http://www.ugtop.com/spill.shtml

の「現在接続している場所(現IP)」で確認します。追加ボタンを押下すると、入力欄の下に追加されます。僕はこれで追加されてると思ったのですが、サイト下の方の「確認画面へ進む」へ行ってなかったので、なかなか反映されないなぁ・・とバカやってました。「確認画面へ進む」ボタンを押下して、追加した内容を反映させると、24時間~72時間でドメインに反映されるそうですが、実際はもっと早いです。時間は計ってませんが、半日もかかってないかと・・

ドメインにグローバルIPが反映されてるかどうかは、

・IPひろば:メイン
http://www.iphiroba.jp/index.php

で、takaiwa.netと打ち込めばグローバルIPが割当たってるかどうかわかります。IPが割当たってれば、サイトを移行作業ですが、Apacheの設定等は割愛します。wordpressの移行に関しては、以前書いた記事が参考になるかと・・

・wordpressを手動でバックアップして、新しいドメインへ移行してみる
http://takaiwa.net/archives/463

バックアップを含めての話なので、ドメインを移行させるだけなら、圧縮/解凍作業は必要ありません。

0 件のコメント :

コメントを投稿